カードのセキュリティコード

皆さんは、クレジットカードの「セキュリティコード」というのをご存知でしょうか。
それは暗証番号のことではないかと思った方、それは間違いです。
暗証番号というのは、クレジットカード発行の際に登録した4桁の数字のことです。
カードを使ってショッピングをしたりキャッシングをしたりするときに、入力をするものです。
一方、セキュリティコードというのは、桁が4桁ではなく3桁です。
主に、オンラインで決済をするとき、インターネットショッピングなどをするときに入力をするものです。
では、そのセキュリティコードというのはどこに書いてあるんでしょうか。
クレジットカードの裏面に、署名をするスペースがあります。
その右下あたりに、7桁くらいの数字が書いてあります。
その末尾3桁の数字が、セキュリティコードというものです。
実店舗でショッピングをしたり、クレジットカードでキャッシングをする際には、セキュリティコードではなく暗証番号を使用します。
ホテルなどに宿泊予約を取ろうとすると、特に海外のホテルで多いのですが、クレジットカードのセキュリティコードを教えてほしいという依頼があります。
もちろん、その要望は受け入れないと、部屋を予約することはできません。